そもそも医療脱毛とはどんなもの?

 

ムダ毛は女性にとって永遠のテーマといっても過言ではありません。近年では、男性の美意識も高まり、男性にとっても大きな悩みの一つに挙げられています。カミソリや毛抜きなどでの自己処理に限界を感じ「全身脱毛したい!」「ムダ毛をなくしてツルツル肌にしたい!」と検討されている方も多いのではないでしょうか。

 

全身脱毛ができるのはどこなのかをネットで検索すると、次の2種類に分けられていることに気付かれると思います。

 

●医療脱毛
●エステ脱毛

 

医療脱毛は、湘南美容外科・リゼクリニック・レジーナクリニックなど、エステ脱毛はミュゼプラチナム・脱毛ラボ・キレイモなどが人気で知られていますよね。

 

 

いざ「全身脱毛をしよう!」と決心したとしても、医療脱毛とエステサロンにはどんな違いがあるのか、いったいどこで全身脱毛をすればいいのか・・・調べれば調べるほど分からなくなってきた!という方も多いと思います。ここでは、脱毛に関してはちょっとしたプロの私が本音で分かりやすく説明したいと思いますので、お役に立てれば幸いです(^^♪

医療脱毛とエステ脱毛の違いとは?

まず、医療脱毛とエステ脱毛の違いについて見てみましょう。

 

 

医療脱毛は医師や看護師が脱毛施術を行い、エステ脱毛は医師免許を有しないエステティシャンが脱毛施術を行います。例えば、腰痛の場合に医療機関で治療を行うか、60分3,000円などのマッサージに通うかの違いと同じです。

 

 

医療脱毛は医療機関でしか使用することができない脱毛機「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ルビーレーザー」などで行う「レーザー脱毛」と呼ばれる脱毛方式で施術が行われます。一方、エステ脱毛はサロンで呼び名が異なることもありますが「フラッシュ脱毛(光脱毛)」と呼ばれる脱毛方式で行われています。

 

 

レーザー脱毛は脱毛完了までの回数がフラッシュ脱毛(光脱毛)よりも少なく、脱毛効果も高い反面、痛みや肌へのダメージが強いというデメリットがあります。フラッシュ脱毛(光脱毛)はレーザー脱毛と比較すると脱毛効果は劣りますが、肌への負担が少なく痛みもほとんどありません。

 

 

どちらも脱毛するための基本メカニズムは同じですが、レーザー脱毛の場合は効率良く高い脱毛効果を得られますが、肌への負担が大きいため万が一のときにもすぐに処置ができる医療機関でしか取り扱うことができないということです。

実際のところ、どちらをするべきなのか・・・

 

医療脱毛とエステ脱毛の違いが分かったところで、究極の選択として「医療脱毛とエステ脱毛はどっちがいい?」と白黒ハッキリさせたくなってしまいますよね。ただ、脱毛といっても、毛量・毛質・仕上がりの希望・肌の状態などには個人差があるため、世の中そう簡単に白黒ハッキリとさせることはできません。

 

 

医療脱毛にもエステ脱毛にも、それぞれにメリット・デメリットがあるため、どちらが良いとは一概に言えないのが正直なところです。脱毛をしたい本人が何を望んでいるか、どこに基準を置いているかによって、どちらかがその人に合っているということになります。

医療脱毛とエステ脱毛は効果が明らかに違う!

 

脱毛効果を比較すると、医療脱毛の方が断然高いといえます。脱毛のメカニズムは同じであっても、使用している脱毛機が根本的に違うため、効果が違うのは当然だといえますね。医療脱毛が5回で脱毛完了する部位でも、エステ脱毛の場合は10回以上かかることがほとんどです。

 

 

また、医療脱毛は永久脱毛であるのに対し、エステ脱毛は回数を重ねることで減毛・除毛効果を得ることはできますが、一時的なものなので再び毛が生えてくることもあります。ただ、もともとの毛量・毛質によっては、エステ脱毛でも脱毛を完了させている女性も多く見られます。

医療脱毛のメリット・デメリットまとめ

 

医療脱毛のメリットは、少ない回数・短い期間で永久脱毛できることです。「とにかくムダ毛を完全になくしてしまいたい」「ツルツル肌になりたい」という方は、医療脱毛一択でしかないでしょう。高い脱毛効果・永久脱毛を希望される場合は、エステ脱毛では叶うことはないため、医療脱毛がおすすめです。

 

 

ただ、医療脱毛のデメリットとして挙げられるのは、エステ脱毛のようなお得なキャンペーンや割引が少ないというところでしょう。医療の進歩や脱毛機の進化に伴い、一昔前と比較すると手が届かないような高額ではなくなり、エステ脱毛とほぼ変わらない価格で脱毛施術は可能にはなったものの、エステ脱毛のような特別なキャンペーンは実施されることが少ないため、まとまった金額は必要になります。

 

 

また、医療脱毛はエステ脱毛と比較して痛みが強いことがデメリットとして挙げられます。痛みに関しては感じ方に個人差があるため「医療脱毛は噂ほど痛くない」という方もいらっしゃいます。一般的に痛みが少ないとされているエステ脱毛でも「痛い」と感じる方もいらっしゃるので何ともいえませんが・・・。

 

 

傾向としては、エステ脱毛よりも医療脱毛の方が痛みは強いのは事実です。しかし、どうしても痛みに耐えられない場合には、医療機関だからこそできる麻酔も用意されているので我慢しなければならないということはありません。

エステ脱毛のメリット・デメリットまとめ

エステ脱毛のメリットは、さまざまなキャンペーンが実施されることが多く、驚くような激安価格での脱毛が可能であることです。学生さんでも手が届きやすい、脱毛が初めての人でも手軽に始めやすいのがエステ脱毛の魅力だといえるでしょう。

 

 

例えば、ミュゼプラチナムでは「両ワキ+Vライン通い放題付き」の全身脱毛が初回90円!「この価格で商売になるの?」と、こちらが心配になるような料金体制です。ここまでの激安サロンは珍しいものの、他の脱毛サロンもさまざまなキャンペーンが実施されているので迷ってしまうところです。

 

 

エステ脱毛のデメリットは、医療脱毛と比較すると脱毛効果が劣ること、脱毛回数が多いことが挙げられます。もともとの毛量・毛質で脱毛に満足できる回数は変わってきますが、医療脱毛で5回で完了するところ、エステ脱毛は10回以上かかることも珍しくありません。

 

 

エステ脱毛は減毛・除毛効果が得られる脱毛方式なので、一旦脱毛を完了したと思っても、何年後かにまた毛が生えてくることもあります。とはいえ、エステ脱毛でワキ脱毛を完了させることができたという方もいらっしゃいます。エステ脱毛に関しては実際に施術を行ってみないとどのような結果になるか分からないケースもあるようです。

 

 

ミュゼプラチナムのような永久保証付きのサロンであれば問題ありませんが、回数制の場合は完了させるまでに追加料金が掛かってしまうため、プラス料金・期間が追加されることも大きなデメリットといえるでしょう。

結局、選ぶのは自分!

 

ここまで、医療脱毛とエステ脱毛のそれぞれのメリット・デメリットを見てきましたが、どちらを選ぶかは個人の考え方次第です。大まかにいうと「完全にツルツルにしたい」場合は医療脱毛、「ムダ毛を減らしたい」場合はエステ脱毛を選ぶと良いでしょう。

 

 

ただ、脱毛が初めてという人の場合は「脱毛」がどのようなものなのか、まずはミュゼプラチナムのような激安キャンペーンを1度利用してみるというのも一つの方法だと思います。ミュゼプラチナムでは、百円単位で脱毛体験ができるので、いきなり高額で契約するのは抵抗があるという人にはおすすめです。

 

 

もちろん、1回試したからといって、脱毛効果が得られるわけではありませんが、脱毛というものを知るというコンセプトで試されるのには安心感が得られるので良いと思います。そのあとに、自分はどのような仕上がりを希望するのかを決め、医療脱毛にするか、エステ脱毛にするかを選びましょう。